卵アレルギーでもお好み焼きを食べたい!卵なしで作る簡単お好み焼きレシピ

卵アレルギーでもお好み焼きを食べたい!卵なしで作る簡単お好み焼きレシピ

子育てをする中で、子どものアレルギーの話をよく聞く機会が多いと思います。

 

食品に関するアレルギーの中で、最も多いのが卵アレルギーで、子どものアレルギーの約4割を占めています。

 

実は”ぴろまえ”の子どもも、卵アレルギーがあるため離乳食の時期から、慎重になっています。

 

卵アレルギーの原因はほとんどが卵白にあると言われていて、卵白に含まれているオポアルブミンというたんぱく質に対する、耐性が体に出来ていない時にアレルギー反応がおこってしまいます。

 

子どものために卵を使わない料理を選んでいますが、たまには卵を使った料理も食べたいですよね。

 

そこで、今回、そんな悩みをもっているママやパパさんに向けて、卵を使わないで出来るお好み焼きの作り方を紹介します。

 

ぜひ、一度チャレンジしていただいてお子さんとお好み焼きを食べてみてください。結構おいしいですよ♪

 


卵アレルギー発覚!!でも、お好み焼きを食べたい!

わが子が1歳の時、ファミレスで外食した際、誤って顔に卵が落ちて付いてしまいアレルギーが発覚しました(妻と慌てて病院を探したのを思い出します)。

 

それからの外出時の食事は、お店選びで苦労しますし、おしゃれなカフェや大好きなお好み焼き屋に入るのも我慢しています。

 

それでも、たまには粉もの(お好み焼き)を食べたい!!!!

 

そこで、卵を使わずに作る好み焼きを紹介したいと思います。

 

米粉とサクサク感と、山芋のフワフワの食感がとても良いので、いろいろな具材を入れてアレンジを楽しめます。

 

ササっと、とても簡単に作れるので、ぜひお試しください。

 

卵なしで作る簡単お好み焼きレシピ

調理時間:30分
費用目安:300円程度
材料(一人前)
●具材
 キャベツ         1/5個
 万能ねぎ         1/3束
 豚バラ薄切り肉       20g
 あげ玉(卵不使用のもの)  20g
●生地
 薄力粉           30g
 米粉            20g
 山芋すりおろし       20g
 白だし         大きさ1
 水            160ml
トッピング
 卵不使用マヨネーズ     適量
 お好み焼きソース      適量
 青のり           適量
 かつお節          適量
 ごま油          大きさ1
※具材や生地の分量はお好みで調整してください

 

 

超簡単!卵なしお好み焼きの作り方

手順

1.キャベツは千切りにし、万能ねぎは小口切りにします。豚バラ肉は食べやすい大きさに切ります

2.生地の材料をすべて混ぜます
3.豚肉以外の具材を生地と混ぜます
4.中火で熱したフライパンにごま油を入れ、生地を入れ豚肉を乗せます。
5.弱火にして焦げ目がつくまで5~10分焼いたら、裏返して5分焼きます。
6.お好みでトッピングを乗せたら完成です(個人的にはチーズがおすすめ)。

 

山芋を入れることで、卵を入れなくてもフワフワに仕上がりますよ。米粉を入れることで、香ばしく仕上がりますが、米粉が無い場合は、同量の薄力粉で代用できます(薄力粉でも上手に出来ました)。具材は豚肉以外にも、魚介類などもよく合いますので、お好みで作って下さい。

 

 

 

卵アレルギーの強い味方 日清マヨドレ

卵のかわりに、厳選された植物性素材を使っているので、アレルギーをお持ちのお子さんでも安心ですね。

 

また、コレステロールゼロ、カロリーひかえめ、なので健康に関心の高い方にもおすすめです。なにより全卵型のマヨネーズに引けを取らないくらい美味しいですよ。

食用植物油脂はなたね油、大豆油を使用しています。栄養成分 1食分(15g)当たり
熱量
81kcal
蛋白質
0g
脂質
8.6g
炭水化物
1.0g
ナトリウム
150mg
コレステロール
0mg

 

 

まとめ;親のあなたがわが子を守ろう!

いかがでしたか?

 

最近は卵不使用のケーキや食パンもありますので、それらを上手に活用して、子どもを笑顔にしましょう!」

[関連記事]食品添加物のリスクとは 子供の健康は親のあなたが守ろう!

 

悩みカテゴリの最新記事