【厳選】赤ちゃんに最適な人気ウォーターサーバーの機種おすすめ3つ

妊娠や出産をキッカケに、ウォーターサーバーを検討する人が増えています。

 

「わが子には安心安全な水を飲んでほしい」

 

デリケートな赤ちゃんの事を1番に考えるパパとママなら当然ですよね。

 

でも、ウォーターサーバーの種類が多くて、どれを選んだらいいか分からないという方は多いと思います。

 

そこで、この記事では現役のパパである私がパパ目線で「赤ちゃん用」として最適なウォーターサーバーはとれなのか、選ぶときのポイントを詳しくご紹介します。

 

 

目次

赤ちゃんにはウォーターサーバーは必要?

赤ちゃんに与えるミルクは、種類や成分はもちろんのこと、粉ミルクを溶くためのお水にも注意を払いたいもの。

 

そう考えるご家庭でウォーターサーバーが人気となっています。

 

「ミルクを調乳するためのお水はできるかぎり安全なものを使いたい」

 

これが大きな理由ですが、調乳用のお湯が簡単に用意できることも導入理由のひとつです。

 

これらメリットの詳細に加え、ウォーターサーバー選びで注意すべきポイントなどを解説していきますので、失敗のないウォーターサーバー選びに役立ててください。

 

 

赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを利用するメリット

ここではウォーターサーバーを実際に設置した時のメリットを紹介します。

 

 

 

①いつでもお湯が使えるのでミルク作りに便利

②衛生的で安心安全

③定期配送で買い出しの手間から開放される

 

などの理由で赤ちゃんがいる多くのご家庭でウォーターサーバーが支持されています。

 

 

メリット1;いつでもお湯が使えるのでミルク作りに便利

母乳が出ないときやママがカフェインを摂取したとき、ママが不在でパパがミルクを飲ませるときなど、育児に粉ミルクは欠かせない存在です。

 

一般的な粉ミルクは70度以上でないと溶けませんが、ヤカンなどで都度お湯を沸かすのは時間と手間がかかります。

 

ウォーターサーバーならほとんどの機種で70度以上のお湯をいつでも使うことができ、必要なときにすぐミルクを作れるので便利です。

 

特に赤ちゃんが新生児(出生後28日未満)の頃は、約3時間おき(1日7~8回)の授乳が必要となるため、寝不足になりがちなパパ・ママにとっては負担を軽減できる強い味方になります。

 

多くのウォーターサーバーのお湯は通常時90度程度に設定されています。

 

冷水も滅菌された安心なお水なので、90度程度のお湯でいちど粉ミルクを溶かして冷水で温度調整するという使い方も可能です。

 

 

メリット2;衛生的で安心安全

生まれたばかりの赤ちゃんは胃や腸などの消化器官の働きが未熟なため、お水にミネラルやカルキが多く含まれるとおなかを壊してしまいがち。

 

大切な赤ちゃんの口に入れるものですから成分にもしっかり気を配りたいのが親心でしょう。

 

ところが、水道水には殺菌・消毒のための塩素が含まれており、これをカルキとよびます。

 

カルキは煮沸することで蒸発させることができますが、手間がかかりますよね。

 

厳しい検査をクリアした清潔なお水がボトリングされたウォーターサーバーのお水ならカルキを含まないため都度煮沸するその手間が不要です。

 

ウォーターサーバーのお水の種類は、ほどよく自然なミネラルが含まれる「天然水」か、特殊なフィルターで限りなく純水に近づけた「RO水」がほとんど。

 

いずれも硬度は0~35mg/L程度とミネラルの少ない軟水で、赤ちゃんに与えても問題ありません。

 

元々ミネラルバランスを考えて配合されている粉ミルクには余計なミネラル成分を含まない軟水がよいとされており、ウォーターサーバーのお水はミルク作りにもぴったりです。

 

多くの業者が放射能検査を実施し、その結果をサイト上で公表しているのも安心できるポイントです。

 

さらに言うと、衛生面にもっとこだわりたい場合はウォーターサーバーのボトルのタイプに注目するとよいでしょう。

 

回収型ボトル(ガロン式)のサーバーは、お水を使うとその分空気がボトル内に入ります。

 

お水が空気に触れるため、外気から菌などが入るリスクもゼロではありません。 このタイプでは外気を取り込む部分に高精度な浄化フィルターを配置しているかなどをチェックするとよいでしょう。

 

ボトルが使い捨てでお水を使うとその分ボトルがへこむタイプではお水が空気に触れない機種も多く、安心感があります。

 

 

メリット3;定期配送で買い出しの手間から開放される

多くのウォーターサーバーは、定期配送で自動的にお水が家まで届きます。

 

お水のストックが切れて慌てて注文したり買いに行ったりしなくて済みますし、店舗で購入する場合のように重いお水を運ぶ必要もありません。

 

赤ちゃんを抱っこ紐やベビーカーで連れての大変なお買い物から少しでも開放されますのは嬉しいですね。

 

 

 

メリット4;授乳期を過ぎた子供の飲料水としても安心

赤ちゃんの誕生に合わせてウォーターサーバーを導入した場合、ミルク作りの次は離乳食作りや麦茶など赤ちゃん用飲料の用意にも活躍し、授乳期を過ぎた子供の飲料水としても安心して利用できます。

 

オシャレなデザインの機種も多いためインテリア性も高く、赤ちゃんをきっかけに導入した後も使い続ける家庭は多いといいます。

 

 

メリット5;災害の備えとして最適

災害で水道が止まってしまったときに備えて、1人につき3L/日の水を3日分以上ストックすることが推奨されています。(参照:災害に対するご家庭での備え|首相官邸

 

例えば、私の家庭は4人家族なので4人×3L×3日分で36Lの備えが必要になります。

 

しかし、この量のペットボトルを常にストックしておくとスペースを取りますし、災害時に小さな子供を連れて36Lの水を運ぶのは不可能です。

 

また、日常的に使うものではないため「いつの間にか賞味期限が切れていた…」なんてことも・・・

 

ウォーターサーバーを導入すれば、定期的に水が配送されるので、常に新しい水が手元にあり安心です。

 

 

ウォーターサーバー導入時の注意点

もちろん便利なウォーターサーバーですが、設置にはデメリットも存在します。

 

ここではウォーターサーバー導入時の注意点についてお伝えします。

 

注意点1;設置スペースとお水の保管スペースの確保が必要

ウォーターサーバー本体のコンパクト化が進んではいるものの、おおよそA4用紙強の設置スペースが必要になります。

 

届いたお水をストックしておくスペースや使用済みボトルを保管しておくスペースも確保しておく必要があります。

 

※ 日々のお水ボトル交換は各個人の作業となるので、ボトルの容量や設置のしやすさをチェックしておくとよいでしょう。

 

 

注意点2;申し込みから設置まで数日~数週間

ウォーターサーバーの利用を申し込んでから家に設置されるまでは数日から数週間程度の時間がかかる場合があります。

 

主産後すぐから利用したい時は、出産ギリギリになって申し込むのではなくあらかじめ手配しておく方がよいでしょう。

 

妊婦にとってこまめな水分補給は大切ですので、出産に先駆けて導入すればその点でも役立ちます。

※機種によっては女性一人での本体の設置作業が大変なケースもあるので、業者がやってくれるかどうかを確認しておきましょう。

 

 

注意点3;水道水に比べると割高

水道水に比べるとコストはどうしても割高になってしまいます。

 

お湯を使うための電気代もかかるため、機種や使い方によってはペットボトルのお水を購入する場合や浄水器を使用する場合と比べても割高になる可能性もあります。

 

 

ウォーターサーバー利用時の気になる料金は?

 

ウォーターサーバーで消費する水量の目安は大人2人で月25L程度で、その料金は月2,000~4,000円程度です。

 

このほかにサーバーのレンタル料やメンテナンス料、配送料などが会社ごとに設定されています。

 

諸経費を加味した料金の目安は、ペットボトル1本(500ml)分あたり65~80円程度が多く、安いものでは50円台の業者もあります。

 

ただし、水料金や諸経費のほか、利用状況に応じて電気料金がかかるので、その点は注意が必要です。

 

※価格.comでは、各社の利用期間1年目でかかる料金をシミュレートし、「安い順ランキング」を発表していますので、業者選びの参考にしてみてください。

 

 

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶ時のチェックポイント

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶ時にチェックするべき5つのポイント

 

ミネラル分が少ない軟水

粉ミルクメーカーはミルクづくりに軟水を推奨しています

 

チャイルドロック機能

子供のやけど事故を防ぐために、ロックの仕組みもしっかりチェックしておきましょう。

赤ちゃんは、成長とともにどんどん行動範囲が広がり、あらゆるものに興味を示します。ボタンやレバーを押すと水が出てくるウォーターサーバーが、興味を引かないわけがありません。

ウォーターサーバーのほとんどの機種はチャイルドロックを標準搭載しています。

赤ちゃんが1人で歩けるほどに成長した後や、乳幼児の兄弟がいる家庭でも安心です。 二重チャイルドロックが設定できる機種や、家庭環境の変化を想定してチャイルドロックを解除できる機種も存在します。

 

片手でも給水できる

子育て中は何かとあわただしく、片手がふさがった状態でウォーターサーバーを使いたいときもあります。

 

70~75度に温度設定できる

粉ミルクは熱湯でも作れますが、冷ますときに時間がかかります。熱湯よりも低い温度設定ができると便利です。

 

ボトルが簡単に交換できる

ボトル下置きタイプや軽量パックを採用するサーバーは交換がラクです。

 

メンテナンスサービスの有無

メンテナンス料金を無料としている業者は「自分でお手入れ」としているところが多いです。

 

一見お得な気がしますがしっかりお手入れしないとノズルなどに水垢などがたまりかえって不衛生になる懸念があるため、定期的にノズルやパーツを拭くなどのメンテナンスを行う必要があります。

 

育児に追われるパパやママにとっては手間ですよね💦

 

メンテナンス料に年1,000~5,000円ほどかかる業者がありますが、その分サーバーのメンテナンスやサポートが充実していて衛生面からもいいですね。

 

※自動クリーニング機能が搭載されていればいつも衛生的に使用できます。

 

解約料をチェック

ウォーターサーバーは2年以内に解約した場合に解約金が発生するケースが多いです。

 

赤ちゃんのミルク作りに利用した後も家族の飲料水などに継続して利用するなら気にする必要はありません。

 

しかし、赤ちゃん用のみの一時的な利用を考えているのであれば、1年で解約できる業者や解約料がかからない業者を検討したほうが総費用は安く済む可能性もありますので注意しましょう。

 

また、赤ちゃんがいる家庭のみ加入できるお得なプランを提供している業者もあるのでチェックしておきましょう。

 

 

赤ちゃんのいる家庭におすすめのウォーターサーバー機種は?

ウォーターサーバーの提供業者は多数ありますが、赤ちゃん向けに検討している家庭にうれしい要素を備えた業者をピックアップしてその特徴を紹介します。

➡「売れ筋ランキング」はこちら

 

 

〈おすすめのウォーターサーバー比較表〉

機種名 コスモウォーター smartプラス フレシャス slat サントリー天然水サーバー
水の種類 天然水 天然水 天然水
ボトルの種類 ワンウェイ方式(使い捨てタイプ) ワンウェイ方式(使い捨てタイプ) ワンウェイ方式(使い捨てタイプ)
チャイルドロック ◎冷/温水(独立)
片手でも給水できる
温水70〜75度 ◎(93度の高温水あり)
楽にボトル交換できる ◎足元ボトル交換 ◎(足元ボトル交換)
自動クリーニング機能
入会金 無料 無料 無料
配送料 無料 無料 無料
サーバー料金 無料 無料(一部、条件次第で無料) 無料
メンテナンス料金 無料 無料 無料
月額費用(24L) 3,800円 5,168円~ やや高め
宅配エリア 全国(沖縄、離島除く) 全国(沖縄、離島を除く) 全国(沖縄、離島除く)
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ

 

 

①コスモウォーター smartプラス

出典;コスモウォーター smartプラス

 

お水の品質、サーバーの機能、サービス体系のどれをとっても優秀なのがコスモウォーター

 

・2016年度天然水ウォーターサーバー売上No.1!
・2017年グッドデザイン賞受賞!
・5年連続でモンドセレクション金賞を受賞!
・天然水はすべての採水地で専門期間の検査をクリア、徹底的な衛生管理体制
・特許技術クリーンエアシステムによりタンク内はいつも衛生的&メンテナンスフリー

 

お水は2017年度モンドセレクション金賞を受賞した世界に認められた安全で美味しいお水です。赤ちゃんのミルク作りにも適している軟水です。

 

サーバーは4種類のデザインから選べ、重たい水ボトルの持ち上げ不要で、足元でらくらく簡単にボトル交換できる「ボトルバスケット」方式。

 

消費電力を最大60%off出来るエコモード、Wクリーン機能、静音設計などその他機能も充実しています。

 

サポート体制も万全で、お客様サービスセンターがあるため安心、万が一故障しても無料で交換してもらえます。お届け設置サービスがあるので設置もプロに任せて安心です。

 

ウォーターサーバーなら、コスモウォーター!!

 

②フレシャス slat

出典;フレシャス slat

 

デザイン性の高さが印象的なフレシャスのウォーターサーバー

 

・2018年度にキッズデザイン賞を受賞!
・ミルク作りに便利な「エコモード」搭載
・3つの省エネ機能で電気代約70%カット!
・フレシャスをお得にはじめることができる専用プラン(ママパパプラン)あり

 

子供がいたずらしにくいボタン設計やロックなど、優れた安全性・デザインからフレシャスは業界初となる2018年キッズデザイン賞を受賞!

 

通常の冷水・温水に加えてミルクづくりにぴったりな70度温水、93度の高温水とシーンにあわせて4段階の設定ができ、さらに。エコ機能で節電にもなります。

 

月額料金はやや高めのブランドですが、価格に見合った価値を提供してくれます

 

公式ページ⏩https://www.frecious.jp/

 

 

③サントリー天然水サーバー

出典;サントリー天然水サーバー

知らない人はいない信頼のブランド サントリー南アルプスの天然水が飲めるウォーターサーバー

 

 

 

公式ページ⏩https://www.suntoryws.com/

 

 

当サイトおすすめのウォーターサーバー

 

 

ここではプラスαの機能や特典がついたウォーターサーバーを紹介します。

 

①フレシャス slat+cafe

出典;フレシャス slat+cafe

 

頑張るパパにおすすめのウォーターサーバー

 

冷水・温水・常温水等の「FRECIOUS Slat」のオリジナル機能に加え、カフェ機能が追加された「FRECIOUS Slat+cafe」。専用ドリップポッドや市販の挽いた豆を使って、フレシャスの天然水で1杯ずつ淹れる、本格コーヒーをお楽しみください

 

 

②cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

出典;cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

 

せっかく使うなら良いもの、と考えているご家庭におすすめのウォーターサーバー

 

・2019年天然水ウォーターサーバーでシェアNo.1
・7年連続モンドセレクションとInternational Taste InstituteのW受賞
・タッチパネル・チャイルドロック・エコモード・内部クリーン機能・再加熱機能・弱冷水モードなど、便利機能をフルに搭載した高機能サーバー
・PREMIUM3年パックなら富士山の天然水のお値段が業界最安でお得!
・お申込時に妊婦又は5歳以下のお子様がいるご家庭の方は、MOM CLUBの入会でさらにお得に利用可

 

 

まとめ;安心安全なお水で育児が楽になる♪

ウォーターサーバーを使うとミルク作りが時短になり、離乳食にも使えるので赤ちゃんがいるご家庭で非常に重宝します。

 

赤ちゃんがいる家庭のウォーターサーバーはこの記事で紹介した中から選べばまず間違いないです。

 

ぜひ、あなたのご家庭に合った素敵なウォーターサーバーを選んでください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぴろまえのアバター ぴろまえ 副業ブロガー

大阪在住30代サラリーマンで2児のパパ。
「愛する家族と上質な時間を過ごす」ことをテーマに、関西のお出かけスポットや子育てに関する情報を発信しています♪

また、声を掛けられると嬉しいので気づいた点など何かありましたら気軽にお問い合わせください。

目次
閉じる