MENU

92cmの壁を越えたらもっと楽しい!子ども連れ家族のユニバ攻略法

2019 11/24
92cmの壁を越えたらもっと楽しい!子ども連れ家族のユニバ攻略法

ついに、ついに子どもの身長が92cmの壁を越えました!!!!!

 

 

これまで子どもを連れてユニバ(USJ)に行っても、幼児が楽しめるのはグリーディングやパレードくらいです。

 

 

ですが、92㎝以上になると付き添い者同伴にて乗れるアトラクションがいくつか存在します。数か月前に行った時は1㎝ほど足りなくて乗れなかったアトラクションも乗れる♡

 

 

良かったなあ~わが子よ(笑)

 

 

今回、ユニバには3歳長女ともうすぐ1歳長男を連れていきました。その時に気が付いたり役に立った幼い子どもを連れでも安心なサービスについてまとめました。

 

 

ぜひ参考にして家族でユニバを思いっきり楽しんでください♪

目次

心強いユニバ(USJ)のファミリーサービス

赤ちゃんへの授乳やお食事、おむつの交換ができる施設がパーク内に2ヶ所あります。

 

 

施設内には粉ミルク用のお湯や離乳食用の電子レンジが利用できますよ。

 

 

場所:

・ゲストサービス横
・ユニバーサル・ワンダーランド内

 

 

ベビーフード(離乳食)を忘れても大丈夫

7~12ヶ月頃用のベビーフードもパーク内に販売しています。1食分しか持ってきてない時や忘れてしまった時にも安心ですね。

 

 

場所:

・ スヌーピー™・バックロット・カフェ
・ スタジオ・スターズ・レストラン™

 

 

ユニバ(ユニバ)にベビーケア用ベットはあるの?

パーク内には計37台ものベビーケア用ベットを設置していて、紙おむつの廃棄も可能なのでグッド👍

 

 

場所;

エリア化粧室(飲食施設以外のパーク内化粧室)全16ヶ所に男女各1台設置。

 

 

ピクニックエリアて何!?

お弁当やお飲み物の持ち込みが可能な、無料開放の休憩施設がピクニックエリアです。

 

 

場所:

メインゲート(パーキング側)外側

 

 

ユニバ(USJ)のベビーカーレンタル

パーク内でのみ利用可能なベビーカーの貸し出しを行っています。3歳までの貸し出しが可能。移動中の持ち物を減らしたい方は、ユニバ現地でベビーカーを借りるといいですよ。

 

ベビーカー:1台/¥1,000(税込)
1人用(リクライニングあり)

 

 

場所

エントランスを入って右側のカウンター

 

 

ユニバ(USJ)で「よやくのり」は子ども連れには必須

ユニバーサル・ワンダーランド内の指定アトラクションの乗車時間を指定予約することができるシステムです。

 

 

この「よやくのり」はちょっとコツがいりますが、子連れにとって素晴らしいサービスです。

 

 

92cmになると乗れるアトラクションがいくつかあります。その時にこの「よやくのり」が大、大、大活躍!

 

〈対象アトラクション〉
☑フライング・スヌーピー
☑スヌーピーのグレード・レース™
☑エルモのゴーゴー・スケートボード
☑モッピーのバルーン・トリップ
☑エルモのバブル・バブル

 

 

「よやくのり」は最短でも40分以上先の予約になります。発券したチケットに書かれている時間を過ぎると、他の予約をすることが出来ます。行かなければ自動キャンセルになります。

 

 

予約時間が来るまで、プレイランドやアスレチックで遊ぶのもいいし、ゆっくりお食事を楽しむのもよいでしょう。

 

 

〈利用方法〉

①スタジオ・パスを持ってユニバーサル・ワンダーランド内の利用したいアトラクション
※各アトラクションの近くに発券機あります
※「スタジオパス」の裏側にあれQRコードをかざしてスキャンしましょう②利用時間を指定して「よやくのり」チケットを発行③予約時間になったら専用入口からアトラクションへ行くだけ!

 

 

子どもの待ち時間を短縮する「よやくのり」の活用法とは

「よやくのり」に書かれている時間が近づいたら、次に乗りたいアトラクションの「よやくのり」を先に発券するようにしましょう。

 

 

例.
大人が2名いる場合、1人だけが発券機にいって予約することで子どもは無駄に移動しなくてすみます。

さらに、アトラクションに乗れない幼い子どもがいて常に誰か1人は子守りをしなければいけない場合は、大人2名の「スタジオ・パス」で交互に「よやくのり」を利用します。すると、より待ち時間を短縮してアトラクションに乗ることも可能となります。

 

 

92cmの壁を越えたらもっと楽しい!子ども連れ家族のユニバ攻略法;まとめ

幼い子ども連れ家族でも安心快適にユニバを楽しむためのサービスを紹介しました。いかがでしたか。

 

これらのサービスを上手に利用して、楽しい家族の想い出のたくさん作ってくささいね( ^ω^ )

 

公式HP:ファミリー向けサービス

 

 

[関連記事]子供が喜ぶお出かけ先が必ずみつかる!関西のスポットまとめ

 

 

▼この記事が参考になったら、フォローお願いします!▼

>>ぴろまえのTwitterをフォローする

この記事を書いた人

大阪在住30代サラリーマンで子育て奮闘中の2児のパパ
当サイトは「子供としっかり向き合って育児を楽しむ」をモットーとし、さらにパパ自身の幸せもゲットするを目標としています。
これからも、子育てに役立つグッズや育児法、お出かけスポット情報を発信していきます♪

目次
閉じる