MENU
お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

学ぶ!未来の遊園地|あべのハルカス美術館にて開催 どんなイベント?

2019 11/24
学ぶ!未来の遊園地|あべのハルカス美術館にて開催 どんなイベント?

「外でおもいっきり体を動かしてほしい」

「感性を刺激できるような場所に連れていきたい」

 

子どもを休日に連れて行くとき、どっちにしますか?そのように悩まれたことありませんか。

 

 

感性が刺激しながら体も動かせる場所があります。それが「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」です。

また、各地でもチームラボの作品に触れることができます。

 

 

昨年、実際に3歳の娘を連れて「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」に行ってきたのでその時の内容を記事にまとめてみました。参考にして下さい。

 

目次

「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」とは

あべのハルカス美術館(大阪)にて開催中の「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」は

 

 

同じアート空間の中で、自由に体を動かし互いに影響を与えながら、共同的で創造的な「共創」の体験を楽しむことのできる場を創っていけないだろうか。

 

 

そしてこのような体験を楽しむことを通して日々を共創的なものに変えていけるのではないだろうか。

 

 

チームラボが展開する「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」とは、このような願いから生まれたプロジェクトです。そして、共創のための教育的なプロジェクトでもあります。

 

 

これまで、台湾、タイ、中国、アメリカ、インドネシア、南アフリカ等の、海外各地や日本各地で開催され、常設展も日本、中国、ドバイにて展開中です。

 

 

チームラボは、2001年に東京大学大学院の学生を中心に、デジタル領域のさまざまな分野のスペシャリストから構成される、ウルトラテクノロジスト集団のことです。国内・海外累計来場者数600万人を達成した最先端のデジタルアート展は、世界中で注目を集めています。

 

 

実際にあべのハルカス美術館「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」に行ったよ

この日(2018年8月)は平日でさほど混んでいなかったので、チケット購入に約20分、入場まで約30分並んだら中に入ることが出来ました。

 

 

あべのハルカス美術館(大阪)の会場入り口前には、コインロッカーとベビーカー置き場が設置されていたので荷物とベビーカーを預けました。

 

中にはワクワクする計7作品が待っていると考えると、早く入りたくてソワソワします。

 

 

さあ、光と音、遊びとアートを見事に融合させた「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」の世界へあなたをご案内します。たくさんのアトラクション・アートによって創造力を掻き立てられてください。

 

 

★花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives

 

動物の体には、花々が生えています。花々は動物の体で生まれ、そして咲き、散って消えていきます。

 

 

人々が動物に触れると、花々は散っていき、花々が全部散ると、動物は消えていきます。

 

 

この作品は非常に美しく綺麗なため、多くの方が写真を撮っていました。あなたも、ぜひ素敵な写真を一枚撮ってくださいね(^_-)-☆

 

 

 

★グラフィティネイチャー – 山と谷 / Graffiti Nature – Mountains and Valleys

 

この作品は、みんなの描いた様々な生きものたちによって創られる自然の世界です。

 

 

そして、みんながいる空間の中でどんどん広がっていきます。 あなたが描いた生きものも、この場所のどこかにいます。探してみてください。

 

 

生きものたちは、他の生きものを食べたり、食べられたりしながら、共に同じ1つの生態系をつくっています。空間に立つと、その周りに花が咲き、歩くと花は散ります。動物に近づくと反応して動き出します。

 

 

具体的な遊び方としては、動物や花の輪郭が描かれた紙にお絵かきをします。その絵をスキャンすると、同じ空間に出現し動き出します。自分が描いた絵が作品の世界に現れると、子どもはとっても喜びますよ♪

 

 

★すべって育てる! フルーツ畑 / Sliding through the Fruit Field

 

こちらは、さまざまなフルーツが育つすべり台!3歳児の娘が一番遊んだ作品です。単純に滑り台で遊びたくて何度も滑ってしました(笑)

 

 

坂には、いろいろなフルーツが育っていて、周りにはボールが飛びまわっています。

 

 

人は、太陽の光になって坂をすべります。体がボールにぶつかると、太陽の光のエネルギーをもらったボールは、勢いよく飛んでいきます。勢いよく飛んだボールがぶつかることで、フルーツは育っていきます。

 

 

ボールは色によってそれぞれ役割をもっています。

 

 

★巨大!つながるブロックのまち / Giant Connecting Block Town

 

家や駅、ビルの形をした巨大なブロックを広場に置いて、列車や車など、いろんな乗り物が走る街を作ります。

 

 

同じ種類のブロックは繋がって、乗り物が走り出します。ブロックがたくさんうまく繋がると、乗り物は進化していきます。

 

 

また、広場には川が流れていて、雨が降ると川が氾濫し、水が街に流れ込んでしまいます。しかし、川の上に池のブロックを置いて、さらに、川の近くに池のブロックを置くと、海とつながる水路ができます。そして、川の氾濫を止めることができます。

 

 

こちらでも娘はたくさん遊んでいましたが、3歳児になったばかりの娘は変化している状況に気付いていない(?)ようでした”(-“”-)”でも、いいんです。楽しそうにしていたので✌

 

 

★小人が住まうテーブル / A Table where Little People Live

 

小人たちが住んでいる奏でる壁。小人たちは壁の中を走り回っていて、こちらには気付きません。

 

 

しかし、壁にキノコやツリー、長い氷の棒などをくっつけると、小人たちは気付いて、飛び乗って来ます。

 

 

壁にくっつけたキノコなどの種類によって、小人たちはすべったり、ジャンプしたり、よじ登ったりします。

 

 

様々な種類をくっつけることで、小人たちは大喜びで遊びます。

 

 

それから、上の方からは、ニコニコの種が落ちてきています。ニコニコの種がキノコなどに当たると、種類によって、いろいろな音色を奏でます。そして壁にくっつけた高さによって、その音色は音色の高さを変えます。

 

 

キノコなどをいろいろなところにくっつけることで、壁は音楽を奏ではじめます。

 

 

★まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり /Story of the Time when Gods were Everywhere

 

壁に映し出された象形文字に触れると、その文字がもつ世界が表れ、物語がはじまります。

 

 

ほかの体験者が呼び出した世界と、お互いに影響を与えながら物語を創っていくので、刻々と映し出される絵(映像)が変化していきます。

 

 

はじめは遊び方が分からなかったですが、イベントスタッフが象形文字のことを親切に教えてくれました。

 

 

たとえば、木には鳥が止まり、羊は犬に気がつくと、びっくりして逃げていきます。また、動物には触ることができ、羊に近づくとダンスをし、馬に近づくと逃げていきます。

 

 

象形文字は以下を参考にしてください( ◠‿◠ )

 

 

 

「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」の楽しみ方

○チケットは前もって買っておきましょう
大人気のイベントなので、とにかく混みます。少しでも快適に楽しむためにもチケットを前もって購入しておきましょう。

 

 

○断然、行くなら平日!
休日はとっても混みます。長蛇の列に並ぶことで、子どもがくたびれて駄々こねちゃいますが、平日なら約30分くらいで中に入れます。混んでいないので中でも十分、作品に触れ遊ぶことが出来ます。

 

 

○大阪会場でおすすめ「あべのキューズモール」の駐車場

あべのハルカス美術館の大阪会場には駐車場がありません!

 

イベントホームページなどでは「公共交通機関を利用しましょう」と案内していますが、小さな子どもがいる家庭などは車があると便利。でも車の場合、都市部だと駐車場代がかなり高い場合が多いです。

 

 

大阪会場限定ですが、こんな時におすすめなのが「あべのキューズモール」の駐車場です。

 

 

あべのキューズモールは様々な専門店とイトーヨーカドーが入るショッピングセンター。

 

 

こちらは料金は最初の30分無料、以後30分ごとに300円かかります。この駐車場代をお得にする方法があります。

 

 

優待を2つ使う

 

 

どういうことか説明すると、専門店街の「キューズモール」と「イトーヨーカドー」それぞれで駐車料金の優待が受けられるということです。

 

 

つまり、優待を2つ使うことができるんです。

 

どちらも、キューズモールでは1000円以上で1時間、5000円以上で2時間の優待を受けることができます。

 

 

さらに、あべのキューズモールのポイントカードに入会するとこれだけで、30分無料になります。

 

 

今回、ぴろまえファミリーは昼食にあべのキューズモールを利用することで、この優待の恩恵を受けてお得に駐車場を利用しましたよ。

 

 

「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」の営業時間やアクセスなど

【会期】 2018年7月13日(金)〜9月2日(日)

【会場】 あべのハルカス美術館 (大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階)

【開館時間】 10:00〜20:00
入館は原則閉館30分前まで。ただし、会場の混雑状況により変更することがあります。

【休館日】 7月23日(月),30日(月),8月6日(月)

【料金】当日: 大人 1400円、中高生 1000円、子ども(3歳以上) 600円

前売り: 大人 1200円、中高生 800円、子ども(3歳以上) 400円

 

※現時点では、当日券のみの販売となっています
※オンラインでの購入が可能
※小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要です
※障碍者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は当日料金の半額(要証明)

 

 

まとめ:「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」は何度も行きたくなる

光と音、遊びとアートを見事に融合させた「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」は、楽しいの一言!!

 

 

アクションを起こすことでリアクションが必ずある。この反応が好奇心を湧き立て、「これを触ったらどうなるかな」「これを動かしたらどうなるかな」と、まさに創造力を培ってくれる。

 

 

遊びながら感性が刺激されるのは脳科学的にみても子どもの成長にとっても良い影響があります。

 

 

デザイン性でも優れているので「インスタ映え」にもってこい、写真を撮りたくなるし話題になるのも頷けます。

 

 

チームラボが手掛ける作品に触れるには、常設されているチームラボアイランド、もしくは期間限定で開催されるイベントに行きましょう。

 

 

感動は間違いなし、ぜひ一度足を運んでみてください(^O^)/

 

 

チームラボの作品に触れることが出来るチームラボアイランド(2018月7月現在)

タイトーステーション セブンパーク アリオ柏店(千葉県柏市)
ららぽーと湘南平塚(神奈川県平塚市)
ららぽーと富士見(埼玉県富士見市)
パルファン イオンモール長久手店(愛知県長久手市)
日産サティオ湘南 ららぽーと湘南平塚店
お絵かきピープル(大阪芸術大学内)
お絵かきスマートタウン(徳島県那賀郡那賀町 川口ダム自然エネルギーミュージアム内)
イオンモール広島祇園(広島県広島市安佐南区)
キャナルシティ博多(福岡県福岡市)
チームラボギャラリー昭和の町,大分(大分県豊後高田市)
イオンモール宮崎(宮崎県宮崎市)

 

 

▼この記事が参考になったら、フォローお願いします!▼

>>ぴろまえのTwitterをフォローする

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる