【利用明細を公開】カーシェアリングとは?入会してから利用するまでの方法

いつでもどこでも気軽に乗れるカーシェアリング。

日本でもここ数年、カーシェアリングは認知を広げ利用者も増えてきました。

「こんなところにもカーシェアある!」と、どこに行っても ステーション(設置してある駐車場)を発見しますよね(^^)

電車がない地元の田舎ではマイカーが重宝していましたが、バスや鉄道、地下鉄が発達している都市部では必ずしも必要なものではなくなりました。

地域によって多少差はありますが、駐車場代、税金、保険、ガソリン代など、車を所有するだけでも年間40万円程度はかかるといわれています。

3年前、”ぴろまえ”も大阪に引っ越してくるのをきっかけにマイカーを手放す選択をしました。

そこでたまたま知ったのがカーシェアリングサービスです。

今回は、カーシェアリング歴1年半の”ぴろまえ”が、実際に利用して分かったことなどを率直に記事にまとめてみました。

契約プランや利用明細も大公開していますので、あなたの家計と照らし合わせて、今後の参考にしてみてください\(^^)/

※本記事はTimes Car PLUS(タイムズカープラス)を利用した場合について記事にしています

目次

Times Car PLUS(タイムズカープラス)に入会してみた

個人入会には個人プラン、家族プラン、学生プランの3つのプランがあります。

入会方法には、

①インターネット
②Webで必要事項を入力後に店舗で入会
③説明会
④無人入会機

の4つの方法があります。

すぐに入会したい人は①がおすすめ!

少し時間はかかりますが、②または③では直接店員さんに教えて頂けるので安心です。

入会には、個人情報に加えて、免許証やクレジットカード情報が必要です。家族プランに申し込む場合は、家族の分の生年月日、メールアドレス、免許証情報が必要になりますので準備しておきましょう。

”ぴろまえ”はお出かけのついでに臨時でやってた説明会で入会しました(^^♪

Times Car PLUS(タイムズカープラス)の利用料金

カーシェアリングの利用料金はこのようになっています

入会カード発行料 ;1,550円
月額基本料    ;1,030円(学生・法人は0円)
利用料金(15分) ;206円(ベーシック)/412円(プレミアム)
距離料金     ;16円/1km(12時間以上の長時間パック利用者のみ)

お好みの車種はありますか

<種々一覧> ※クラスによって利用料金が異なります。

プリウス(TOYOTA)
プレマシー(MAZDA)
デミオ(MAZDA)
フィット(Honda)
アクア(TOYOTA)

ノート(NISSAN)
ヴィッツ(TOYOTA)
カローラフィールダー(TOYOTA)
スイフト(SUZUKI)
ソリオ(SUZUKI)

i-MiEV(MITSUBISHI)
NV200バネット(NISSAN)
ハスラー(SUZUKI)
パッソ(TOYOTA)
フリード(Honda)

N-BOX(Honda)
インプレッサ(SUBARU)
ウェイク(DAIHASU)
シエンタ(TOYOTA)
NV350キャラバン(NISSAN)
COMS(TOYOTA)

MINI One(BMW)
MINI One CROSSOVER(BMW)
KEAF(NISSAN)
Audi A1(Audi)
セレナ(NISSAN)

CX-5(MAZDA)
ノア(TOYOTA)
スバル XV(SUBARU)
VOXY(TOYOTA)
i-ROAD(TOYOTA)

予約はさくっとできます

予約はネット、またはスマートフォンの専用アプリからできます。

2週間前から予約可能、最短3分前まで予約できます。近くに空きの車さえあれば、思い立ってすぐに利用できます。感覚はマイカーを所有している感じですね。

予約は実際に乗った時間の分だけの支払いなので、予約時間はゆったり長めにとっておきましょう。

予約変更やキャンセル方法

利用開始1分前までなら予約の変更やキャンセルの処理ができます

利用開始前ならキャンセル料もかかりません!レンタカーだとそうはいきませんが、カーシェアなら可能、家計に優しいですね。

乗る前に目的地設定でスムーズ

車に乗る前にスマホから「カーナビ目的地設定」が可能です。

行き先が事前に分かっていたら、この機能の利用はおすすめです。

乗車してからカーナビを操作していたら手間を取り、利用時間が消費していきます。”ぴろまえ”は毎回、この機能は使っていますよ(*^^)v

TCP安心補償サービスとは

タイムズカープラスは、基本的な車両補償や人身傷害補償は利用料金に含まれます。

TCP安心補償サービス」とは、過失や破損で発生するタイムズカープラスが規定する違反金を免除してもらえる保険のようなサービスです。

適応は、事故を起こした時のペナルティ(2万円か5万円)、キーのインロック、タイヤのパンク、バッテリーあがり、ガス欠、搬送の実費となります。

1利用につき309円なので、”ぴろまえ”は毎回、加入しています。

タイムズクラブ会員とは

タイムズカープラスに入会すると、自動的にタイムスクラブにも入会することになります(入会費、年会費無料)。

ポイントを貯めたり、各種優待が使えるお得な会員制サービスとなります。

例)タイムズカープラスを使うと、100円ごとに3タイムスポイントがたまり、カーシェアの料金に使えるのはもちろん、タイムス24が展開する駐車場やネットショッピングでも利用できます。

例)タイムズクラブの専用サイトからタイムスカーレンタルに申し込むと15~20%、店舗・電話からだと10%の割引を受けることができます。

カーシェアを実際に利用してみました

予約時間の10分前から鍵を開けて車に乗ることができるので、早めにステーションに向かいます。

カーシェア用に車の前には、他の車が誤駐車しないようにタイムズカープラスのロゴ入りの看板が設置されています。

出発前、返却後は忘れずに駐車スペース前に立てましょう。

解鍵・施錠は会員証をリーダーにかざしておこないます。

ダッシュボードから鍵を取り出します

カーナビはこんな感じです

車内をきれいにして忘れ物がないことを確認して返却します(ちゃんとできていないと、2万円~のペナルティが発生)。返却後、一時間以内であれば一度だけ鍵を開けることができます。

最後に鍵を開けたときと同じようにリーダーに会員証をかざして鍵をかけます。

リアルな利用明細はこれ!!

2017年01月~2017年12月の一年間を利用した時の利用時間、走行距離、合計利用金額を公開!!

契約プランは家族プランで、使い方としては月1~2回、買い物や近場のお出かけに利用することが多いです。遠方の両親が大阪に来た11月などは連泊分のパック料金で使用しています。

利用月 利用合計時間 走行距離 合計利用金額
2017年12月 22時間52分 77㎞ 16,901円
2017年11月 85時間07分 267㎞ 43,311円
2017年10月 28時間33分 88㎞ 20,756円
2017年09月 28時間55分 130㎞ 22,257円
2017年08月 22時間06分 126㎞ 16,316円
2017年07月 57時間58分 451㎞ 33,757円
2017年06月 13時間14分 149㎞ 10,413円
2017年05月 15時間28分 50㎞ 12,672円
2017年04月 13時間04分 120㎞ 9,949円
2017年03月 00分 0㎞ 0円
2017年02月 10時間48分 32㎞ 7,511円
2017年01月 00分 0km 0円

一年間の利用合計金額は19万3,843円!!!!!安い!!!!

ご自宅の車にかかる支出(ガソリン代、駐車場代、車検代、維持費など)を計算し比較してみてください(;^ω^)

カーシェアリング使い倒す方法は、子育てパパのカーシェアリング活用法!カーシェアリングにはこんな使い方がある。を参考にしてください。

まとめ;カーシェアリングとは?入会してから利用するまでの方法

いかがだったでしょうか?

リアルな利用明細も公開していますので、自家用車をお持ちの家庭は車に関わる支出と比較してみてください。

カーシェアリングが節約の一役を担ってくれるかもしれませんね。

もし、今まで電車とバスしか使っていなかったという方には、「車という選択肢」ができることで行動範囲は広がり、暮らしの幅も広がると思います。

★合わせて読まれている記事★

👉子育てパパのカーシェアリング活用法!実際に使って良かった点や疑問に思うこと

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぴろまえのアバター ぴろまえ 副業ブロガー

大阪在住30代サラリーマンで2児のパパ。
「愛する家族と上質な時間を過ごす」ことをテーマに、関西のお出かけスポットや子育てに関する情報を発信しています♪

また、声を掛けられると嬉しいので気づいた点など何かありましたら気軽にお問い合わせください。

目次
閉じる